ブルーカレントのタックルバランスとベント(曲がり)がわかる動画

ロッド

何かと忙しい年末。仕事の関係での場合年末は釣りに行く時間がなくなります。そんなこともありしばらくブログの更新ができませんでした。

そんな中でもヤマガブランクスさんはブルーカレントに新しいロッドを発売し、また発売済みブルーカレントのリールを付けた時のロッドバランスとベントがわかる動画を提供してくれました。

今回は発売済みブルーカレントのロッドバランスとベントがわかる動画についてご紹介します。

動画が見れるサイトはYoutube

2020年6月10日にYAMAGABlanks etc.CHANNEL公開

昔からヤマガブランクスはYoutube上に「YAMAGABlanks」という公式チャンネルを公開しておりロッドの情報や実長動画をこのチャンネルで公開していました。

YAMAGABlanks
ヤマガブランクスは釣竿製造の株式会社 山鹿釣具のオリジナルブランドとして2008年に誕生したロッドメーカーです。 ブランクの設計から巻きつけ、塗装、組み立て、出荷まで全てを国内自社工場で一貫生産しております。 自社ロッドの解説実釣をメインに配信しております。 是非ご覧くださいませ。

そして今年2020年6月10日に新しく「YAMAGABlanks etc.CHANNEL」を公開しました。

YAMAGABlanks etc.CHANNEL
ヤマガブランクスは釣竿製造の株式会社 山鹿釣具のオリジナルブランドとして2008年に誕生したロッドメーカーです。 ブランクの設計から巻きつけ、塗装、組み立て、出荷まで全てを国内自社工場で一貫生産しております。 このチャンネルではビギナー向け動画やメインチャンネルとは違った緩めの動画を配信していきます。 お時間あるとき...

YAMAGABlanks etc.CHANNELではビギナー向け動画やメインチャンネルとは違った緩めの動画を配信していくそうで、最初はソルトロッドのブルーカレントⅢ63を使って淡水の・ハス・ニゴイを狙った動画を公開しています。

私個人的な魚種のリクエストができるなら、ブルーカレントⅢ69Bでブラックバスのトップウオーターゲームをしてほしいなぁ。

2020年11月13日にYAMAGABlanks Product CHANNEL公開

YAMAGABlanks etc.CHANNELから遅れること4か月後にYAMAGABlanks Product CHANNELが公開されました。

YAMAGABlanks Product CHANNEL
ヤマガブランクスは釣竿製造の株式会社 山鹿釣具のオリジナルブランドとして2008年に誕生したロッドメーカーです。 ブランクの設計から巻きつけ、塗装、組み立て、出荷まで全てを国内自社工場で一貫生産しております。 自社ロッドの製品紹介をメインに配信しております。 是非ご覧くださいませ。

このチャンネルは自社ロッドの製品紹介をメインに配信しているとのことでブルーカレントに限らずヤマガブランクスで製造されるロッドほぼすべてのキャスト時の曲がりとしゃくった時のティップの入り、ロッドにリールをセットした時のバランス、負荷をかけた状態の曲がりが公開されています。

動画の中身を解説

例えばブルーカレントⅢ53の動画の場合、

BlueCurrentⅢ 53

1分20秒までは0.5g・1.5g・3.0gキャスト時の曲がりとしゃくった時のティップの入り具合を確認できます。

そこから2分40秒くらいまではロッドにリールをセットした時のバランスと推奨のグリップに握り方を紹介しています。

セットしているリールがストラディックCI4+とカルディアの2000番で重さがほぼ同じなのがなんだかな~。

ここから最後までは負荷をかけた時のロッドの曲がりを確認できます。最弱の53でもロッドが伸されることなくバットの強さがしっかり残ってるのが確認できます。

これまで公開されていたキャストと実釣動画だけでもほかのメーカーと違ってロッドの情報をしっかりと出してくれてユーザー目線な会社だな~って思ってましたが、ロッドバランスや静止画じゃないベンディングがみられるようになってますますユーザー想いで、なおかつ自社製品に自信があるんだなって思います。

もう一つ言わせてもらうと、ホームページの各ロッドの説明文がもう少しわかりやすかったらいいんですが。

さておき、このチャンネルの動画を見て、気になっているロッドをチェックしたり、近い番手同士を比較したりしてお気に入りの1本を選んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました