今朝の舞洲 と ピシファンカーボンX500というリールについて

アジング
20211031 03:02

早朝アジングin大阪舞洲(20211031)

明日から11月、アジングシーズンも後半戦の時期になりましたが、ホンマに始まってるのでしょうか。今年は昨年よりだいぶん遅い感じがするので12月1月2月と釣れ続けてくれるのでしょうか。

今日の考察では今使っているピシファンカーボンX500というガジェットリールについて妄想をしてみます。

今日のアジング

今日のタックル

本日はこの1セットです。

ロッド:ブルーカレントⅢ53
リール:ピシファンカーボンX500
ライン:エステル0.2号

JH:0.4g~1.0g
ワーム:アジリンガー、アジマスト、自作ワーム


現地の状況

今朝の気温は17度でだいぶんあったかいはずですが3時から雨が降って体感は13度くらいの感じです。風は北の風3メートル、潮は若潮の潮どまりから下げはじめのタイミングです。日曜日とあって人も多く2時過ぎの到着時は入れるか入れないかの微妙な込み具合、両隣のアングラーさんにお声を掛け承諾を頂いて入らせていただきました。快く受け入れてくれた両隣のお二人様、ありがとうございました。

釣行開始

スタート時のジグヘッドの重さですが、潮がほとんど動いてなくて0.4か0.6の軽めの物を選びました(どっちか忘れた)。風もあまり感じなかったので軽めのリグでも重さは十分わかり、着底も問題なく取れます。

着底ついでにボトムをふわふわさせているとサバが釣れます。そのまましばらくサバを釣り続けます。次第にアジが釣りたくなってアジ狙いに替えますがサバが釣れます。いや、サバしか釣れません。雨も降り始め嫌な雰囲気になってきました。手前も沖もボトム付近はサバだらけの雨だらけ。

最初の一匹目は開始から一時間後でした。

20211031 03:02

もうどうやって釣れたか覚えてません。

そこからまた1時間ほどサバしか釣れず4時前にやっと2匹目と3匹目

20211031 03:53

20211031 03:57


またサバしか釣れなくなって6時前後に4匹目と5匹目

20211031 05:47

20211031 06:04


今日はこんな感じでアジが渋い、とにかくサバだらけな朝でした。

今日の考察等

今朝はいつもより早く起きてしまって頭がぼーっとしてて何も考えてません。なので今日のアジングに関して考察はありませんが、ブルーカレントⅢ53と組み合わせて使っているピシファンのカーボンX500というリールについて書いてみます。

今職場でリールが手元にないため写真とかありませんが(仕事中にブログ書くなと言う声があーあー、聞こえなーい)Amazonで売ってる中華かアジアン系のリールのようです。

仕事中なので手短に要点だけ書いていきます。

  1. 値段が安い6000円で20円おつりがくる
  2. アジングロッドに合わせやすい500番ボディと小径スプール
  3. 重量145g
  4. ベアリングてんこもり
  5. ドラグそこそこ
  6. ギア比5.2でシマノの500番より軽い巻き心地
  7. 細糸でも喰い込まないスプールの早い前後動

このリール、何がアジングに向いてるかと言うと重量と巻きが軽いこと。145gはソアレCi4の500より5g重くヴァンキッシュと同じ重さ。ソアレやヴァンキはお値段2万3万あたりまえ。それが6000円でっせ。

巻きの軽さはソアレCi4の500の場合専用のマグナムライトローターぶち込んで巻きを軽くしてますがこちらはギア比を最適化してマグナムなんちゃらを入れなくても軽い巻き心地を実現してます。

巻きがスムーズかっちゅうとカチャ付きますしスプールの上死点下死点でコツンって言いますが、フォールメインのアジングならそんなの関係ねぇ。巻く時の初動の軽さと40g台下手すりゃ30g台のロッドに合わせてバランスがとれる重量のほうが大事。

ベアリングも11個も入ってててんこ盛りですが、使ってるとすぐザラザラになると思うのでその時はベアリング交換します。

あとシマノの500番はスプールの前後動が遅くて細糸使って魚が引っ張ると糸が食い込んでラインがスムーズに出ないことがありますが(特に上死点下死点で)ピシファンはスプールの上下動早いよ。まるでエロ動画で出てくるピストンマシーンのよう。そのおかげでラインの食い込みは皆無です。ちなみにナイロンライン下巻きでエステル0.2号巻いて使ってます。

ドラグですが、組み合わせてるロッドがブルーカレントⅢ53で、このロッド短いクセにすごくしなやかに曲がるロッドなのでドラグに頼らず魚を寄せられるます。なのでドラグもそんなにシビアでなく、フッキングの時にエステルが切れないようにジジジと出る程度で魚寄せるときはドラグでないくらいに締めて使ってます。ちなみにクリック音けっこうでかめで音高めなので盛大にドラグ出すと辱めを感じます。そう言ったプレイが好きな方にはたまらないリールです。

私は今のところカスタムはハンドルノブを軽量のものに変えただけです(3gくらい軽量化に成功)。あとはグリスも含め全部届いたままピシファン純正で使ってますがアジングにおいて不満がありません。ちなみに、リールスタンドはシマノ用が取り付け可能です。ハンドルの交換はシマノ用ダイワ用ともに不可です。

あと注意点としては、145gはかなり軽量なので組み合わせるロッドによってはバランスを崩します。「アジングにおいて軽さは正義」と言いますがエントリークラスから中級クラスのロッドと組み合わせた場合軽すぎて先おもりしやすいので、安もんリールですが高級ロッドと組み合わせるのがいいです。ぜひ宵姫天と組み合わせて使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました