舞洲で豆アジつぬけとコルトチタンティップのショートインプレ

アジング
20211015 04:00

早朝アジングin(20211015)

やっと今シーズン初の豆アジつぬけを達成しました。昨年は10月上旬でしたので約2週間遅れになります。気温が下がった直後なのでやはり今年は気温が高くアジの入りが遅かったように感じます。

このブログ記事では今日の豆アジのヒットパターンとここ数日使い続けている21コルトのチタンティップのショートインプレを書いていきます。最後までよろしくお願いします。

本日のタックル

本日はこの1セットです。

ロッド:21コルトチタンティップ
リール:ソアレBB500S
ライン:エステル0.25号

JH:0.8g
ワーム:自作ワーム


現地の状況

今朝の気温は19度で今秋の最低気温だったそうです。私もブルゾンを着て暖かくしましたが風が弱かったせいか少し暑かった。潮は長潮の下げでこの日も緩やかな潮の流れです。

釣行開始

潮の流れがゆるやかなのでジグヘッドは0.8gを選択し、ワームは自作ワームを選択。1.6インチのストレートワームですがクオリティが低すぎてお見せできないので写真はなし。

1投目だったか2投目だったかでテンションフォール中にアタリがありますが乗らず。何度か同じレンジを通してアタリを感じますがすべて乗らないのでワームを替えてみます。これも自作のリブ付きワームですが1.2インチの短いタイプです。

それをいったんボトムまで沈めてからリフトフォールで潮に乗せるとヒット

20211015 03:55

しかし同じパターンでサバのヒットが続きます。ボトムではないような気がして他を探ると沖目の中層にいました。

20211015 04:00

20211015 04:03

20211015 04:07

3匹釣ったところで次にサバが釣れて、アジの群れが移動したのか中層で釣れなくなります。しばらく粘りますが1匹のみ

20211015 04:26

移動場所を探そうと上を探ったり下を探ったり沖を探ったり岸際を探ったりしていると足元のボトム付近で見つかりました。

20211015 04:47

20211015 04:49

20211015 04:52

20211015 04:57

20211015 05:05

20211015 05:06

ここでまた群れが移動したようで探し始めますが、お腹が痛くなってきて集中力がなくなる。こりゃ6時まで持たないぞと思ったので急いでゴミ拾いして

慌てすぎてフラッシュなし

道具片付けてコンビニまで暴走し、トイレに駆け込みました。トイレで長時間過ごしたため本日これにて終了。

今日のアジングの まとめ と 反省

今日はここしばらく使っているチタンティップロッドのインプレを書きます。

21コルトチタンティップのショートインプレ

予約から半年以上待って届いた21コルトのチタンティップ(21GCORS-572UL-TS)。なんだかプレミアついてるみたいなので今のうち売ったろかと思いましたが嫁さんに「せっかく買ったんやったら使ったら」と言われ使うことにしました。

ワタクシはじめて持つチタンティップで鬼感度を期待しましたが、鬼感度でした。

特に反響感度はえらいことになっていて、ショートバイトを感じることが増えました。と同時に空アワセが増えました。堤防で一人だけエアフッキングしてて恥ずかしいです。

操作感度はティップを0.6mmとかなり細く削っているので風がなければ0.2gでも大丈夫なくらいです。少しくらいの風なら0.5gでも大丈夫ですし、1.0gなら結構風吹いててもいけます。

ただ、期待していた荷重感度についてはソリッド部が短めのためチタンらしさが発揮されておらず、少し期待を裏切られました。それでも一般的なソリッドティップより感じられますから文句ありません。

ショートソリッドのメリットデメリット

21GCORS-572UL-TSのソリッドは長さが10センチほどで一般的なチタンティップに比べると短いです。その分線形を0.6mmまで削ってソリッドが動きやすくなっているので操作感の不具合は少ないです。

チタンのショートソリッドのメリットは、重さのあるチタン部が短いのでロッドバランスが良好になる点や、キャスト時にソリッド部がいつまでもふにゃふにゃせず飛距離を得やすいといった点があります。つまり、はじめてチタンティップを持ってもチタンティップ特有のクセを感じにくくなります。不特定多数のユーザーを対象とするメーカーとしては万人に使いやすいチタンティップロッドは正しい選択だと思います。

逆にデメリットは、荷重感度の感知力が落ちるという点があります。なぜロッドにわざわざチタンティップを繋ぐかというと、チタンティップには柔らかさと振動伝達力の両方が備わっているからです。振動を伝えようとすると素材は固くなりますが、チタンは柔らかいまま振動を伝えます。ショートチタンはこの柔らかさを落とすことになります。

チタンティップが扱いにくいと言われるのは先おもりするバランスとキャスト時の挙動です。しかしそれ以上に優れた反響感度と荷重感度の両立性能が備わるのがチタンティップなので、コルトが10センチのショートティップになってるのが残念なところです。

21GCORS-572UL-TSはおすすめかそうでないか

と、けなしてますがこのロッド持ってから海中のジグヘッドの存在や状態の把握が明確になったのでおのずと釣果が上がってきてます。よいロッドかクソロッドかというと超絶良いロッドですのでおすすめします。しかし、いまだすぐに買えないみたいです。気になる方はとりあえず予約がおすすめ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました